お中元のマナー

お中元を贈るにしても最低限のマナーがあります。
「贈ってやるんだから文句を言うなよ」等と元も子も無い事は言わず、正しいマナーを身につけておきましょう。

お中元の始まり

お中元とは旧暦の7月15日の事です。

旧暦の1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元を「三元」と言います。
丁度一年の中間に当たる中元に行われる仏教 行事に「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言うのがあり、これが「お盆」です。
お盆に祖霊に供物を捧げていました。その風習が現在のお中元の起源になります。

旧暦盆と新暦盆

よく耳にする暦に旧暦と新暦と言うものがあります。

現在使われている「新暦」は地球が太陽を一周する周期を基にした「太陽暦」です。
月の満ち欠けを周期とした「太陰暦」がありますが、これが旧暦ではありません。「太陰暦」に太陽の動きを取り入れた「太陰太陽暦」の事を旧暦と呼びます。

上で述べたようにお盆は旧暦の7月15日です。それをそのまま新暦に持って行ったのが「新暦盆・7月盆」と言われ、旧暦での7月15日に近づけた新暦の8月15日をお盆としたのが「月遅れ盆・8月盆」、そのまま旧暦7月15日で表したのが「旧暦盆・旧盆」と言います。

贈る品物

相手の事を考えて選んだ品物ならなんら問題はありません。
それでも失礼に当たる物もあるので、少しだけ紹介しておきます。

スリッパや靴等は踏みつける物と言う事から選ばないようにします。

ハサミや包丁は「縁を切る」でこれも選びません。

櫛(くし)は苦(く)死(し)と縁起の良くない日本語を連想させる事からダメです。

贈り物の価値が確定してしまう商品券や現金は最も贈ってはいけない物です。

何を贈ったらいいか迷った時は海苔をどうぞ♪

贈り物としての海苔

香典返し等でよく海苔やお茶が使われることから、「海苔は縁起物では無い」と誤解されてる方がいますが、れっきとした縁起物です。
養殖がまだ出来なかった頃は海苔が採れるのは幸運だとされていました。
神事には海苔が奉納され、採れた年は「あなたにも幸運が訪れますように」と御年賀として贈られていた程です。
それに海苔は季節や冠婚葬祭と言った時期と場所を選ばない贈り物の一つです。

金額の目安

自分にとって負担になるような金額の物は選んではいけません。
高価な物は逆に相手にも気を遣わせてしまうと思って下さい。
3千円〜5千円程度で十分ですし、それで安いと感じたらメッセージカードとかで気持ちを添えて贈って下さい。

贈る時のマナー

慶事ですので一般的に水引は赤金の5本もしくは7本蝶結びを使い、熨斗を付けます。
表書きは水引の結び目中央上に御中元、中央下に少し小さく贈り主の名を「フルネーム」で書きます。※姓だけでも問題はありません。

上書き

水引の上の部分に書く表書きの事を上書きとも言います。
御中元として贈る分には問題は無いのですが、時期が外れて「暑中・残暑」になった時には気をつけなければいけない事があります。
「暑中見舞い」や「残暑見舞い」を目上の人に使ってはいけない事です。これは「見舞う」と言う言葉が相手に対して優位に立ってしまうからです。
簡単に言えば部下が上司に対して「ご苦労様」と言ってるのと同じですね。
目上の人に贈る場合は「暑中お伺い」「残暑お伺い」とします。
また、今年は贈るけど来年は分からないと言う時は「御礼」になります。

いつ贈るのか?

「今でしょ!」なんて言いませんよ。

地域によってお中元は時期が違います。
あまりにも時期を外し過ぎると失礼に当たることがあるので、贈る地域の所を良く見ておいて下さい。

【北海道】7月15日〜8月15日まで

1ヶ月と長い期間なのですが、関東などの影響からか近年どんどん期間が早くなってきてます。
8月16日からは「残暑見舞い」となりますので、北海道へ贈られる方はそれまでにお出しください。

【東北・関東】7月1日〜7月15日まで

とても早いですし、期間も短いです。
荷物がこの時期に集中することから6月中に引き受けを開始してるデパートが多いです。
7月16日からは「暑中見舞い」となります。

【北陸-金沢エリア】7月1日〜7月15日まで

【北陸-能登エリア】7月15日〜8月15日まで

地域によって時期が分かれます。
エリアの境目がよく分からない?
そんな時は中間の7月15日を目安に送れば大丈夫です

【東海・関西】7月15日〜8月15日まで

関東の影響が強く、年々早くなっています。
8月16日からは「残暑見舞い」となりますので、なるべく早く送った方がよさそうです。

【中国・四国】7月15日〜8月15日まで

ここも年々早くなって来ていて、8月には遅いくらいになって来ています。
8月16日からは「残暑見舞い」となりますので、ここも早く送った方がよさそうです。

【九州】8月1日〜8月15日まで

確かに8月に入ってからが一般的でしたが、最近ではかなり早くなって来ています。
九州に限ったことでは無いですが、8月にお中元贈るのは遅い傾向にあります。
8月15日までと書いてきましたが、その頃は帰省してる方もおられるので運送会社への嫌がらせでしかありません。
余裕をもって早めに贈られた方が相手にも喜ばれます。

【沖縄】旧暦の7月15日まで

沖縄は九州地方なのですが、昔からの伝統を守っているので旧暦で贈ります。
旧暦ですよ。新暦にすると今年2018年なら8月23日〜8月25日です。

おわりに

時代の流れで年賀状、お中元、お歳暮を送る人達が少なくなって来ているのも事実です。
もはや印刷物と化した年賀状に慣例と成り果ててしまったお中元にお歳暮・・・
「自分にも他人にも負担にしかなってない」と言ってる人達の方が正しいのかも知れません。
それでも、ほんの少しの気遣いがあれば貰う側にとっては大きな喜びにもなります。

「お元気ですか? こちらは元気です。また来年も贈りますのでお元気で」

これでも相手には十分に気持ちが伝わります。

ページの先頭へ