商品のご案内

初摘み・一番摘み

 各産地で漁期の初めである11月~12月にかけて、種網より一番最初に摘まれた新芽のみが「一番摘み」「初摘み」と呼ばれ、特に美味しい海苔として重宝されています。

 最盛期から時期が外れていて、最初の摘み採りのため収穫量こそ限られますが、タネ付けをしてから摘採まで30日ほどしか経っていない若い海苔で、若葉であるがゆえに柔らかく香りが良くて美味しいのが特徴です。


 一度海苔網上で伸びた大きな海苔の葉体を摘み採りますと、下についている小さな海苔芽が伸び始めて、2週間くらいで再収穫できるようになります。この海苔が「二番摘み」と言い、順次「三番摘み」「四番摘み」と続きます。

採取回数を重ねるごとに海苔の硬さが増していき海苔芽も老化してその網からの海苔生産が終了となります。

 秋に育苗した網を冷凍保存しておいて2期作を行うのが一般的になってますが、この2期作目の海苔網の最初に摘採する海苔の事も「一番摘み」「初摘み」と言います。

海苔の種類
板海苔

 私たちが普段食しているのは、漉(す)いて乾燥させた「板海苔」と言われるものがほとんどです。板状にせずに乾燥させたものもあります。また乾燥させない海苔のことを「生海苔」と言います。

 板海苔を焼いたものが「焼き海苔」です。用途は様々でおにぎりやお寿司などで使われています。多少の誤差はありますが縦21センチ、横19センチを板海苔の基本の大きさとされていて、これを全型と呼びます。


 全型の板海苔10枚まとめたものを「1帖(じょう)」と言う単位で表します。ちなみに、板海苔に味を付けたものが「味付け海苔」です。

パスタなどに使われる刻み海苔、お好み焼きやたこ焼きに使われるフノリやアオノリを粉末状にしたもの、他にも生海苔を使った佃煮などの種類があります。

海苔一帖

「全形」と「全型」

 全形の方を使われているのを見かけたりしますが、厳密には全型の方が正解です。

そもそも「形」と「型」の違いは何でしょうか?

「形」はものの形状そのものや状態等を表したものです。例えば「壺の形」とか「家の形」「氷」などですね。

「型」は直接手で触れることが出来ない抽象的なもの等を表現する時に使います。「靴のサイズ」や「模型」「血液型」等がこれに当たります。

「模型は手で触れることが出来るけど?」と言われそうですが、模型は抽象的な「何か」の型を模したものの事をこう呼びます。「何か」は例えば地球であり人物、神仏などです。地球を模したものが地球儀、人物を模したものは「こけし」だったり「雛人形」だったりします。ただし、人物を模したものは特別に「人形」と形の方で呼称することになります。

海苔の保存方法

 塩が水分を吸収することはご存知ですか?

 海苔に含まれている塩分が大気中の水分をどんどん吸収して、海苔はすぐに湿気を帯びます。光や温度にも非常に敏感で、すぐに変色いたします。これを防ぐために一度パックから出した海苔はなるべくもとのパックには戻さないようにして、別の容器に乾燥剤と一緒に入れて冷蔵庫などで保管します。長期間の保管は冷凍庫で。

 もしも湿気で風味が消えてしまったら、佃煮にするかもしくはフライパンに油を少し引いて適当な大きさに切った海苔を軽く炒め、塩をまぶして韓国風の海苔にすれば十分に美味しくいただけますよ。

これが基本の大きさ。縦21センチ、横19センチ

全型を半分にした大きさ。「おにぎらず」によく使われます。

全型を3等分した大きさ。おにぎり用など。

全型4等分。他に十字に切る場合もあります。

6等分にしたサイズ。いろいろな料理にピッタリのサイズです。

8等分のサイズ。おかず用海苔としての一般サイズ。

全型12分の1のサイズ。旅館やホテルの食事にはよくこのサイズが出てきます。

豊富な栄養素

 海苔一枚(全型)3グラムの中に非常に豊富な栄養素が含まれています。それでいてカロリーはたったの6kcalほど。海苔の重量の4割はタンパク質です。鶏卵さらには大豆すら凌駕する割合となっていて、しかも非常に良質なたんぱく質です。たった一枚の海苔で卵や牛乳の1/5に相当する程ですよ。
他にもカルシウム、鉄分、ビタミン等が豊富に含まれています。特にビタミンは凄まじく、ビタミンCは本来熱を加えると栄養素が壊れてしまいます。しかし海苔に含まれるビタミンCは熱に強く、焼いても壊れにくいらしいです。ビタミンA,B1,B2も海苔一枚で一日に必要な量の半分を摂取することが出来ます。この他にも沢山の栄養素が含まれまくっています。

海苔の食物繊維

 野菜不足と言われる現代の食生活で気になるのが食物繊維ですね。海苔の約3分の1は食物繊維です。これはほうれんそうの約2倍にあたります。しかも野菜で取る食物繊維と違って繊維自体が柔らかく、胃腸の壁を傷つけません。
また海苔に含まれている種類の食物繊維は、細菌による腸内でのビタミン合成にも役立っているとも言われています。

がんや生活習慣病の予防

 がんの予防に効果があるとされている赤橙色色素の一つβカロテン(ビタミンA)が豊富に含まれます。コレステロール値の低下を促すEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれています。EPAはイワシ、サンマなど青魚に含まれている栄養素で血液中の血小板の凝集を抑えて、血管内に血栓ができるのを防ぐ働きを持っています。これにより血液がサラサラになり結果脳梗塞や心筋梗塞を予防することが出来ます。

 海苔に含まれる栄養素でコレステロールに働きかける重要なのがもう一つあります。
それがタウリンです。タウリンは体や細胞の状態を正常に保つ作用があり、特に肝臓機能に働きかけます。これによって高血圧に関連した動脈硬化、血管障害、脳血栓などの脳疾患、心筋梗塞、心不全に効果があると言われています。その他二日酔い、慢性肝炎、白内症、糖尿病にも効果的だそうです。

カルシウムと鉄分

 カルシウムについては歯や骨の成長を助ける、精神安定させイライラを静めてくれたり、骨粗鬆症や高血圧の予防と大体皆さんが知っての通りです。

 鉄分は人の体に必要な必須ミネラルの一つです。成人の体内に約3~4グラム存在します。現代の女性が不足しがちな栄養素ですね。まあ必要なんですけど鉄分は取り過ぎてもやばいんです。例えば「ウコン」は肝臓にいい食べ物ですが鉄が多く含まれています。ウコンを食事とは別に食べまくってると鉄分過剰になり、高い確率で肝臓などに鉄分が溜まります。肝機能障害の患者がウコンで危篤になった例もあるほどです。

 少し脱線してしまいましたが海苔に含まれている鉄分は「非ヘム鉄」と言われるもので吸収率はさほど高くはありません。しかし量だけ言えば海苔1枚で鉄分豊富なレバーと同等です。貧血の改善程度には十分に期待できます。
実を言うと鉄分やカルシウムは最上級の海苔よりも下級の海苔の方が多く含まれていたりするんです。


ついでに美容効果もいっとこうかな・・・

豊富なビタミンC

 海苔に含まれる栄養素の一つ、ビタミンC。
ビタミンには水溶性と脂溶性の2つがあり、ビタミンCは水溶性です。水溶性とはその名の通り水に溶けて尿や汗と共に体外へ排出されるので毎日摂取する必要があります。しかもビタミンCは人の体で作られることはありません。不足したら補充しないと不足しっぱなしです。
とても面倒な栄養素に感じられますが、その効果は次の通りです。

- 老化予防

ビタミンCには強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは細胞やタンパク質などが酸素によって酸化するのを防ぐ効果の事で、体内の活性酸素を減らして細胞の老化を防ぐ事と思ってください。
さらにビタミンCには同じく強い抗酸化作用のあるビタミンEを再生する効果があり、この2つのビタミンを同時に取ることで相乗効果が期待できます。

- 美肌効果

 ビタミンCには皮膚が紫外線などによって刺激を受けてシミやそばかすを作るメラニン色素の元である「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用があるということです。うれしいことに出来てしまったシミを薄くしたりする効果もあります。
あと海苔にはビタミンC以外にも肌の弾力を維持する効果があるレチノールが含まれています。

むくみの改善

むくみの改善に期待できる栄養素はカリウムです。
むくみは体の中に水分が溜まることが原因の一つのため、その予防には水分を排出する利尿作用があると言われるカリウムを多く含む食品を取ると効果的です。海苔には豊富なカリウムが含まれています。
体内にナトリウムが多くなると、余分な水分を溜め込んで、むくみとなります。そこでカリウムを取ると、余分なナトリウムが尿として排泄され、むくみ解消に有効に働いてくれるそうです。

ダイエット効果

 海苔にはたっぷりヨウ素が含まれています。ヨウ素は藻類に多く含まれている成分で、新陳代謝を活発化させる作用や、脂肪の燃焼効果もあると言われていることから、ダイエットへの効果も期待できるそうです。

・・・以上です。つ、疲れた~。

(´・ω・`) こんな長文読む人なんていないだろうな・・・。

いろんな料理にのっけて食べてみてください。
「詳しくはWEBで!」
・・・はい、WEBはここですよね・・・。
詳しくも何もふりかけて食べてくださいとしか・・・。
商品詳細の所でそれっぽく書いといてみますね。


石垣の塩を使った人気の商品です。
有明海で採れた海苔なので、海水には塩分が含まれていることから塩が海苔に合うのは当然の事なんです。
だからこそ塩にこだわってみました。
海水100%から精製された石垣の塩を使って作った当店自慢の塩のりですよ。


海苔の本来の味を知って頂きたくて本気で焼いてみました。素材に自信があるからこそ出来た焼のりです。
くちどけの良い食感で当店お勧めの一品となっております。


こちらはお子様人気ナンバー1の味付け海苔です。子供だけでなくお年寄りの方にも人気の優しい味付けで、天にも昇るような美味しさです。
本当に天に昇られては困りますが・・・。
成分に干しエビが入っていますのでエビアレルギーの方はご注意下さい。


佐賀の『初摘み海苔』、福岡の『明太子』、沖縄の『石垣の塩』と3つの海を合わせてみました。「・・・明太子って福岡の海だったか?」とか言う突っ込みなら聞こえません。
バランスが良く美味しくいただけますが、アレルギーをお持ちの方は注意してくださいね。商品の詳細ページに原材料を表示しておきますのでそちらをご確認ください。


ほどよい辛味がクセになる黒こしょう塩のりです。
これで使っているのは藻塩と言われる塩で、しょっぱさと黒こしょうの辛味がお酒によく合うちょっぴり大人の味に仕上がってます。


梅の香りと酸っぱさ
もともと梅はご飯によく合いますが、海苔を梅塩で味付けしたことで更においしく頂ける様になりました。
ご飯が何杯でも食べられます。
食べ過ぎて太っても知りませんよ・・・。


女性に嬉しいコラーゲン入り
国産限定の海洋性コラーゲン入り塩のりです。
アミノ酸と石垣の塩が海苔の旨みをグッと引き出しています。


バラ干しの海苔です。
自然のまま乾燥し焼き上げることで佐賀海苔の美味しさを引き出しています。


初摘みの佐賀海苔を贅沢に使ったのり佃煮です。
トロッとした食感と梅の味わいでご飯がおいしくいただけます。
「○○○ですよ」の方がいいとか言わないで・・・。


石垣島の海水だけを使って精製された塩です。
栄養分が豊富に溶け込んだこの塩は海水だけを100%使っていることから『海塩』と銘を打たれています。
海の表情と共に変わると言われる石垣の塩をご賞味下さい。

養殖海苔の種類

まずは日本で養殖されている海苔の種類から説明させていただきますね。

日本で主に養殖されている海苔の種類は『スサビノリ』『アサクサノリ』『ウップルイノリ』の3つ。

 最も多い『スサビノリ』は比較的に繁殖力が強く、生育が早く育てやすい特徴があります。それゆえ現在の海苔養殖のほぼ100%を占めています。

 次に『アサクサノリ』は柔らかくて薄いことで傷がつきやすく、病気にも弱い、環境の変化にも弱い・・・と漁師が敬遠するほど養殖が非常に難しく、数が少ないことから高級品になっています。

 最後の『ウップルイノリ』に関してはちょっと特殊で、岩場に自生してる又はその加工品を岩海苔と呼びます。

天然物が多い種なのですがそれを養殖としたものも岩海苔として流通させていたために優良品と誤認を招くとのことから、景品表示法に基づき現在では養殖のものは岩海苔とは呼びません。生産数が非常に少なく天然物は最高級品ですよ。

浅草海苔?

『アサクサノリ』と言えばよく「東京の浅草海苔のこと?」とおっしゃられる方がいらっしゃいます。

語源の事ならおそらくそのとおりです。

徳川家康が江戸入りした頃の浅草寺門前で自生していた『アサクサノリ』を和紙の技法で板海苔としたものを『浅草海苔』と言います。

当時は江戸の名産品として江戸っ子が誇りを持って『磯の華』と呼んでいたほどです。

しかし東京湾の干拓により今では浅草で海苔を採ることが不可能になっています。

現在『アサクサノリ』と言えるのは本当に限られた一部の海苔の事です。

『アサクサノリ』の特徴

さて肝心の『アサクサノリ』の特徴ですが、乾燥品では『スサビノリ』に香りこそ劣っているとはいえ旨味では勝っていて、アマノリ類の海苔であることから独特の甘みが特徴的です。

スサビに香で劣る、と言っても製品としての『アサクサノリ』は、光沢、香味、形態などによって、特等・優等などの7等級に格づけされて、一般には、青みを帯びた黒色で、光沢があり、香味が高いものが上級品とされ、上級品ほど栄養分を多く含み、グルタミン酸、アラニンなどの旨味の成分も多い特徴があります。

 それと大事なことが1つ。田んぼや畑と違い海は繋がっていることから100%アサクサノリ種だけの『アサクサノリ』は現状不可能です。主流のスサビ種も混じっていると言うことですね。

弱っちい『アサクサノリ』の為、近くで『スサビノリ』作ってると簡単に侵食されます。

ほんと手のかかる子ですが、それでも生産者は消費者に美味しいものを届けたい一心でこの海苔の生産を続けています。

・・・しかし温暖化によっていつ消えてしまっても不思議では無い『幻のアサクサノリ』を食べられるのは今だけかも知れませんね。

ページの先頭へ